<地域密着のスピード対応> 内装・外装・店舗・修繕工事など住宅リフォームのことなら神奈川県川崎市の(株)マスターホープにお任せを!

受付時間

9:00~18:00
(日・祝祭日は休み)

TEL

044-742-9032

お気軽にご相談ください

0120-044-915

工事であった本当の話 ダメな施工事例

水漏れ修理で本当にあった悪徳業者

こわ~い世の中ですね

まずご紹介したい悪徳業者ですが、すでにご近所では被害があったようでしたが湿気を除去するシートを販売施工する会社です。
床下などにもぐり湿気や水漏れなどを点検して、問題があれば湿気を除去するシートを勧めるといった販売方法でした。

この方法自体には問題はありませんが、その業者は自分で《水道管給湯管》などに穴や傷などを付けていたようです。

その時の方法とは下記のようでした。

  1. 床下にもぐり点検、湿気などをチェック
  2. 自分で給湯機から送られる、お湯の管を少々切断
  3. お客さまに水漏れがあると説明シート販売の勧め
  4. 明日、水道管を直しにきますのでと説明して帰りました。

水道管が壊れているとのお話で弊社スタッフがお伺いしたところ、本当に小さな穴がありました。お湯は鉄管や銅管で作られていますが、保護材(丈夫なテープ)が必ず巻いてありますが、穴が開いている部分だけ保護材が取られていて、穴の部分はキレイになっていました。

鉄や木などは表面は汚れていても内部を割ったりした時にキレイなのはみなさんも見たことがあると思います。

穴がとても不自然に思えた弊社スタッフが、お客さまに説明して穴の修理をしました。
対処方法として明日来ると言っていた悪徳業者にはなにも知らせずに、来たところで警察を呼んで調査してもらうようにお話して帰りました。

お客さまは、必要では無い商品を購入する事もなく無事に済みました。

設備工事会社の無知で大迷惑をかけられたお話です

新築一戸建ての工事に携わり、工事は無難に進み工事が完了した直後に雨漏りが起きると客さまからの苦情がありました。

全業者が呼ばれて、問題点を調査しましたが、まったくわかりませんでした。
屋根屋さんは屋根の一部を剥がして点検したり、大工さんは壁などを見てまわったり室内の天井を壊して雨漏りが何処なのか必死でみんなで探しました。

ここで全業者が疑問に思っていたことがありました!?

  1. 事は数か月かけて工事をしています。
  2. 工事中に雨漏りなどは一切ありませんでした。
  3. 今回いつもと違う業者は、入っていませんでした。

すると壁にガスの給湯機がついていました。
建設会社が取付を依頼したのではなく、お客さまが知り合いに依頼したそうです。

工事が完了してから給湯機が取付られて、雨漏りの苦情がありましたのでみんなが疑問に思いました。

監督さんにお願いしました(給湯機を調べさせてほしい)
お客さまはよく思わないかも知れないが、取り外しさせて下さいと!

取付をしていたビスを取るとなんとビックリ!!
ビスが錆びているではありませんか。
付けたビスが数日で錆びるなんてことはありません。
それも防水などの対応もまったくしてありませんでした。
家の壁に穴を開ければ水が入るのは当たり前ではありませんか。

本当に無知な業者のせいで大迷惑になりました。お客さまの依頼業者なので強くは言えませんので、余計な材料や人件費などは各業者で負担しました。本当に困ったお話です。

これです1.jpg

今回なにが悪かったのかは、取付のときに防水対策をしないで取付してしまったビスを上から下に向けてさしてしまった。原理は写真のように水は上から下に流れるのですよ、普通下から上に向けてビスを取付します。
壁に穴があいているのだから、雨水がビスを伝って室内に入っていくのが普通わかるはずです。

この本当にあった迷惑なお話は、たった1本のビスと無知な設備業者のせいでおきた事件です。工事会社は基礎と人材育成はきちんとして欲しいです。

雑な工事や将来のことを何も考えない業者の施工例

換気扇の取付で、天井を壊さないと外せないバカな電気工事の施工例

工事のポイント

分かりやすく説明

トイレの天井に付いている換気扇の交換のご依頼で工事に伺ったところ換気扇がとてもうるさくなっていました。モーターが古くなってくるとこのような症状がでてきます。

換気扇などはモーターで動いていますので、うるさくなるのは寿命なのでしかたないのは覚えておいてくださいね。洗濯機や掃除機なども同じです。

交換しようとしたら(びっくり!!)換気扇より天井の開口が小さいではありませんか?
換気扇はボックスのようになって天井裏に取付してありますので開口が小さければ物理的にとれません。

換気扇と同じ大きさに天井を開口して取外しに取り掛かりました。
本当にバカな大工には困ったものです。

取外しにかかるとなんと(2度ビックリ!?)換気扇が下から取れないように天井裏にビスが付いていて外せません。下から取れないと、天井を壊さないと取れません。

アンサーなんて言っている場合ではありませんが、答えは天井が無い状態で先に換気扇を取付けています、ビスも天井の奥で止めてあります。その後大工が小さい開口で天井を取付してありました。

バカな電気屋に言いたいです。
一生換気扇は交換しないのか!交換する度に天井を壊さないといけないのか!と言ってあげたいですよ

取れない換気扇.jpg

開口が小さくて取外し出来ません

取れない換気扇2.jpg

無事に交換しましたが困った職人です

施工方法の正解例

正解-1.jpg

正解-2.jpg

  1. 換気扇に合わせて開口して配線とダクトを埋め込みます
  2. 下から取付けてビス止めすれば将来も壊さずに交換できてお客さんも助かります

内装工事の豆知識、覚えても損はありません

絶対にダメ3.jpg

クロスに塗装するのは絶対にダメですよ

一時キレイに見えるのですが、その後処理が大変です。
塗料が付いたクロスは剥がれません。
後の処理は大家さんや入居者が負担しなくてはいけません。
どのようになるか下記にて説明します。

絶対にダメ1.jpg

普通にしたクロスは左のような状態になり表面のクロスが剥がれて次にクロスを貼れる状態です。

大きな段差や亀裂もなく、この状態から張替えをするのがベストです。

絶対にダメ2.jpg

塗装を塗った状態からクロスを剥がすと左のような状態になり壁に大きな段差や穴があきます。内装業者も剥がれないので専用の工事で人力で工事をします。

剥がしと穴埋めで余計なお金がかかります。
この負担は塗装業者はしませんし、このようになる知識もありません大家さん絶対に覚えて下さいね。

時間にして3倍
体力として6倍
工事金額は…

お化けのような天井、へたくそな業者の施工例

絶対にダメ4.jpg

絶対にダメ5.jpg

*この状態の汚れは落ちません

天井に無数の手や手のひらの後はお化けではありません。施工業者の手垢です。
手の油や汚れなどが浮き出てくるんですが!
このような状態になるには2~3年かかります。それを知っているから、こんな工事をするのですよ。どうせばれないからなどと。

お家を買った人にとっては堪ったものではありませんよね、小さい子供などは本当にお化けかと思いますよ、ダメな業者は細部に神経が行届かないんです。

こんな職人はもういらない!

リフォーム業界も昔とは大分変ってきました、リフォームとはサービス業との考えであたっています。
職人さんの多くが、技術はあるが細部にあたって注意が出来ない人がたくさん居ますね。
弊社が見て感じたことですが、まずは工事中に現場を汚すゴミを片付けできないなど他の業者さんのコミュニケーションが取れずトラブルを起こすなど目にします。

工事にばかり気を取れれて、道具や材料を通路や道路に置きっぱなしなどは事故やケガなどが起きたら大変ですよね、でもそこまで注意力や想像力が無い人もたくさん居ますね。
弊社も職人さんに注意をしてきましたが、年配の方などはまったく聞いてくれませんので弊社のスタッフが片付けたり、道具や材料などを運ぶなどで対応していました。

*年配の方の話を聞くと昔は職人さんは偉そうに工事していたそうです。
考え方として〈素人は黙っていろ〉〈俺に任せておけ〉工事していたそうです。

そこで弊社のスタッフ教育を技術だけで無く、注意力、整理整頓、コミュニケーションの大切さを日ごろから工事と同じように心がけるように指導してきました。

昔ながらの職人さんではもうダメですね。

工事中は近隣にご迷惑が無いように、マンションの規定にそって工事をしています。
工事会社は工事完了してしまえば終わりですが、お客さまはそのお家に長年住むのですから近隣の方にご迷惑をかけてはいけません。

マンション工事で本当にあった話

新築マンション施工後のもったいないお話

これからお話させて頂くマンション工事のお話は、簡単に説明しますとオーナー様が工事費を節約するために、建設業者の費用を必要以上に叩いてしまって起こったお話です。

弊社にリフォーム工事のご相談がありました物件のお話ですが、店舗用の1F部分が一年以上も空室で困っているので、相談に乗って欲しいとご連絡がありました。
拝見させて頂きますと、50㎡以上ある大きな空間ですし道路にも面していてとてもいい条件だと思いました。もちろん新築でいい状態でしたよ。

お客さまのお話を伺うと、自分の土地があり図面を自分で作成して予算内で工事できる建設業者を2年かけて探したそうです。

とても立派な考えだと思いました(ここまでは)。

よくよくお話を聞くとデザインではなくて予算が地元の建設業者とは中々折り合わずに2年も工事着工に時間がかかったようですね。

そこで…ようやく見つかった建設会社。

建物全体をくまなく見た訳ではありませんが、仕上がりにはなんの問題もありません。
1Fにオーナー様の事務所兼倉庫のようなスペースがあり、これも、これも、予算内でついでにつけてもらったんだよと話していました。

ん?……

まてよ!建設業者がなかなか見つからず予算が厳しい上に、オーナー樣が無理を言ったツケが空室の店舗にしわ寄せが来たのではないかな?

結論が見えました

1Fの空き店舗はスケルトン状態(すぐに使える状態の内装ではありません)で完成してありました。このこと自体は予算を抑えるためによくあるお話です。

しかし借りてとしてはある程度、電気工事やコンセント、水道工事に伴いトイレやキッチンなど、ベニヤかコンクリートで床も作っておいて欲しいですよね。
借りた後に工事費がとてもかかるので現在の経済状況ですと敬遠する傾向がありますね。

オーナー様に聞いてみますと、建設業者が借りる人が自由に内装できるようにこのなにもしない状態のほうがいいですよ、その内容で契約もしたそうです。
オーナ様も「なるほどなぁ」「自分の好みで作ってもしょうがない」と納得したお話です。

もうみなさんもお気づきかと思いますが、オーナー様の予算と無理難題に建設業者も苦しい状況になり、1Fの店舗をスケルトン状態で引き渡す契約をしたのだと分かりました。

もう一つの問題が

店舗が1階に2つありますが、入口が広く入り易い方をオーナー樣が使用していて間口が狭く入りにくい側を貸店舗にしているのです。
オーナー様の自由ですが古い考え方で貸してあげるんだと言う発想は……古い古い。

まとめ!?

予算を抑えたマンション施工はとても良いことだと思います。
しかし建設会社も民間の工事会社ですから、低価格で請け負わせて上にサービスであれもこれも言ってしまったツケが今も続いています。

そうです……

今現在も店舗は空室のまま3年以上が経っています。
十数万円の家賃が入ってこない状態です。
得をしたと思ったらすごく損をしているお話でした。

ちなみに、弊社に相談があり借りやすいように手を加えたいとのお話で見積と
相談にあたりましたが、後日電話もありませんでした。ふぅ。
まぁ、よくある話なので弊社も慣れたことですけどね。小さい工事でもご依頼頂いたお客様を迅速に大切にの考えでいないと、いけないとまた実感しました。

昨今、手抜き工事をするような業者さんは居ませんが、お客さま自身も無理難題ばかり業者に押しつけると、自分に返ってくることも忘れずに。適正価格がありますのでね。

なんとかして欲しい!専門業者さん

私が業界に入った時に教わったことですが、仕事とは【段取りから始まり掃除で終わる】と教わりました。しかし昨今の業者は本当に掃除をしません。
ベスト方式にご紹介しましょう。

掃除をしない業者ベスト3
  1. 電気業者
  2. 設備・水道業者
  3. 大工

3業界はこんな感じですかね。

電気屋さん、水道屋さん、ほうき・ちりとりを持って現場にくる人は余り見ません。

  • 水道屋さん!
    水を取り扱うのに雑巾とバケツは必要じゃありませんか
    現場で他社から借りて汚いまま返すなんて現在では非常識ですよ
     
  • 電気屋さん
    パチパチ切った配線落として帰るのはやめましょうよ
    コンセントの開口のゴミと粉内装屋さんが掃除しているんですよ
    いいかげんにして下さいね
     
  • 大工さん、毎日居るのに汚いままでいいですか?
    クギやビスは踏むと床を傷つけますよ
    キレイに出来ないのは技術が未熟で、余裕がないことを理解しましょうね

私が話している掃除とは?
自分で汚した部分や自社のゴミなどはまとめなさいと言うことです
なにも掃除機をかけろとか雑巾がけをして帰れなどと言っているお話ではありません
必要最低限、自分のゴミくらはかたづけて帰って下さいと言うお話です。

ゴミは移動します、ゴミは時によって仕上がった部分を傷つけます、ゴミは作業している職人のとっては邪魔で不快です、ゴミはお客さんの信用も失います。

私が見てきたところ、以前はゴミくらい誰かが掃除してくれるだろうと考えていたんだと思います。
50歳代〜60歳代以上はとくに感じます。
とくに年を取ると甘えがでて、道具も持ってこない事が多々あります、現場に行けば誰かが居て貸してくれるだろうと!

その人たちから教わった30代〜40代が、弊社ともっとも関わってる年代です。
自分たちから変えることも出来たはずですが、お金にならないことはしないようですね。

仕事とは!【段取りから始まり掃除で終わる】

この言葉を若い人たちには理解して業界で成功して頂きたいと思います。

お問合せ・ご相談

0120-044-915

リフォーム経験から分かる範囲で分かりやすくご回答していますので、お気軽にお電話ください。

会社紹介

株式会社 マスターホープ

0120-044-915

044-742-9032

m-hope@kca.biglobe.ne.jp

所在地

〒210-0837
神奈川県川崎市川崎区渡田

会社紹介はこちら

お問合せフォームはこちら

工事範囲

神奈川県一部・川崎市/
川崎区/幸区/中原区/高津区/宮前区/麻生区/多摩区
横浜市/鶴見区/神奈川区/
青葉区/旭区/泉区/金沢区/
磯子区/港南区/港北区/栄区/瀬谷区/都筑区/戸塚区/中区/西区/保土ヶ谷区/緑区/南区/ 東京一部